園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • パンダの部屋
  • 動物図鑑
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

最新ニュース

2018年11月06日

アムールヒョウの交換について

11月14日(水)、15日(木)に当園のアムールヒョウ「アムロ」(オス)と広島市安佐動物公園の「アニュイ」(オス)を交換します。


アムールヒョウは、野生下で約70頭しか生息が確認されていない絶滅危惧種です。当園では、公益財団法人日本動物園水族館協会によるアムールヒョウ管理計画に基づき国内繁殖に取り組んでおり、平成27年4月8日に「アムロ」(オス)と「ポン」(メス)の間に「セイラ」(メス)が誕生しました。

この度、同計画に基づき、当園の「アムロ」(オス)と広島市安佐動物公園の「アニュイ」(オス)を交換することにより、新たなペアで繁殖を目指すことになりました。


画像上:アムロ

画像下:アニュイ

画像をクリックで拡大

画像をクリックで拡大

移動日

アムロ転出 :平成30年11月14日(水) 
アニュイ転入:平成30年11月15日(木)
 ※移動については両日とも非公開となります。
 ※アニュイは当園の環境に慣れるまで、しばらくの間非公開とする予定です。

アムールヒョウ「アムロ」(8歳)

2010年(平成22年) 5月5日
 ロシア ノボシビルスク動物園生まれ
2013年(平成25年) 3月22日
 神戸市立王子動物園に来園

アムールヒョウ「アニュイ」(10歳)

2008年(平成20年) 10月12日
 イギリス Wildlife Heritage Foundation生まれ
2011年(平成23年) 2月24日
 福山市立動物園に移動
2015年(平成27年) 12月15日
 広島市安佐動物公園に移動

当園の他の飼育個体

「ポン」(メス)
 2008年(平成20年)11月12日
  広島市安佐動物公園生まれ
 2011年(平成23年) 1月26日
  神戸市立王子動物園に来園

「セイラ」(メス)
 2015年(平成27年) 4月8日
  神戸市立王子動物園生まれ

アムールヒョウについて

食肉目ネコ科ヒョウ属ヒョウの一亜種。ヒョウの中では最北の地域に生息する。密猟や森林伐採により個体数が減少し、絶滅の危機に瀕しており、野生下の生息数は極東ロシアで約70頭が確認されているだけである。IUCNレッドリストによる分類は、ごく近い将来絶滅の危険性が極めて高いとされる「絶滅危惧ⅠA類(CR)」。

国内のアムールヒョウ飼育状況

7園館15頭(オス7頭、メス8頭) ※2017年12月31日現在

広島市安佐動物公園

http://www.asazoo.jp/[ホームページ]

このページのTOPへ